EARLY BIRD

こどものこと日々のできごとを 、ゆっくりのんびりと・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

こころに余白を作る

「今までやってきたことを大切にしたいから、無理に新しいことにチャレンジはしない。」
将来的にやってみたいことはあるけれど、では、今年は何をするのか?
明確なビジョンを描ききれず、最初の1歩を決められなかったため出した結論。              
何もしない訳じゃなく、常に夢に向かってアンテナを張っておくし、
日々の積み重ねの中に、将来へつながるものを用意しておく。
ただ、やみくもに「結果を出さねば!」みたいな捕らわれを手放してみた。
そうしたら、自然に何かを始められそうな方向へ流れ始めた。
不思議なものです。

             
「期待に応えねば!」と思えば思うほど、そうできない自分自身がもどかしく。
人から評価される自分が、全然大した者でないことがばれることが恐ろしく。
知識も技術も資格もない。
あれこれやってどれも中途。
自信を持って誇れるものがなにもない。

そういうネガティブな自己否定は、根強くあるのだけれど・・・
何かこう、無理をしないと決めたことで、こころに余白ができたのか。
見え方、聞こえ方が変わってきた気がする。


ポンと背中を押してくれる人がいる。
「一緒にやろう」と声を掛けてくれる人がいる。
無理強いせず、待っていてくれる人がいる。
ぽつりとつぶやいた言葉を、気に留めてくれる人がいる。
                              
そんな周囲の人たちの、わたしへ対する言葉や姿勢を、
今までは、自分自身でネガティブフィルターにかけていたのかもしれない。
自分で自分をどんどんマイナスへ持って行っていたというか・・・
声をかけてくれる人たちの気持ちを、心から信じ切れていなかったんだな。
自分で自分を信じていないから。
                  
               
DSCF4462.jpg
昨日は、Kawaguchiyaさんにてランチミーティング。   
ケチャップのパッケージがかわいくて。   
ウォーリーにも、(勝手に)励まされている気がした。   
  
                    
できるかできないか。
結果が出るか出ないか。
今までどおりにするべき。
これくらいしかできないはず。

評価を求めたり、「~べき」「~はず」と決めつけすぎたら、
視野が狭くなってしまうし、楽しいことは生まれてこない。
モーニングセットを、ランチにも提供してくれる。
そんな緩やかさが、ふわっと人の気持ちを和らげてくれたりもするしね。
               
                    

 じぶん

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。