EARLY BIRD

こどものこと日々のできごとを 、ゆっくりのんびりと・・・

まぶしいなつ

  DSCF1271.jpg
                   毎年恒例、ふるさと学級のキャンプ。
                今まではねえさん1人で参加していたのですが、
      今年は、1年生になってふるさと学級に入ったいもうとも一緒に行きたいとのこと。
            低学年は保護者同伴なので、母、はじめての参加です。


    DSCF1415.jpg
                まずはツリーハウスと親水公園にて、自由遊び。
   他のお客さんの迷惑にならないように注意しながら、めいっぱい身体を動かすこどもたち。
    ふだんの学校生活では、大声出すことも走り回ることも、どうしても制限されてしまう。
        日頃たまったうっぷんを晴らすかのように、大声で叫んで笑って走って。


     DSCF1351.jpg
                        午後はテントの設営。
              指導員さんに教わりながら、上級生に見守られながら。
                    小さい人たちもしっかり働きます。


  DSCF1361.jpg
     今回はアニマルキングダムでのキャンプだったので、ナイトサファリのおまけつき。
                   走り回るチーター、はじめて見たかも!
      カメラがヘタな者にとっては、ただでさえ難しい夜の撮影(しかも動き回る動物)。
                撮れたのは、動かないライオンくらいでした・・・
   

     DSCF1403.jpg
           暇を見つけては、カードゲームに興じるねえさんとその友だち。
                     そうは言ってもさすが6年生。
               下の学年の子たちの面倒をしっかり見ていました。
            夕飯のバーベキューの時には、自分たちは焼き係に徹し、
                  ちびっこたちに先に食べさせてあげたり。
          朝食時にも、大人から指示される前に自分たちで準備を始めたり。
            家で見るのとはまた違い、リーダーシップをしっかり取って。
                ずいぶん頼もしくなったものだと、感心しました。


                       夏の思い出がまたひとつ。
       本人たちにとっては、ただ「楽しかった!」の一言で終わったりするのでしょうが、
               この経験がどれだけきらきらと心に残っていくことか。
                   「ああ、そう言えばあんなことあったな~。」
            「あの時、あんなこと言われたけど、こういうことだったんだ・・・」
                      ふとした時に思い出し、気づき。
                     懐かしく、あたたかな気持ちになる。
          大人になった時、働いたり生きていく上での心の支えになってくれる。
               

               ねえさんたち6年生にとっては小学生最後の夏休み。
                      いつもはできないことをしたり。
            (だらだらごろごろすることだって、いつもはなかなかできない)
                      初めての場所に行ってみたり。
             (親がいなくても行ける場所、少しずつ広がって来てるしね)
                    いろんな経験を楽しんで欲しいです。
                

 こどもたち

0 Comments

Leave a comment