EARLY BIRD

こどものこと日々のできごとを 、ゆっくりのんびりと・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

クリスマスのえほん

             わが家では、夜眠りにつく前の絵本読みは、儀式のようなもの。
             布団に入り、添い寝をしながら絵本を読まないと寝てくれない。
                   読んでいるうちに、すやすや・・・なんてことも。


                   なーんて日々が、もう9年も続いていたのに、
                     今年の秋のはじめごろからでしょうか。
               次女は1人で「おやすみ~!」と2階に上がるようになり、
        長女も下校時間が遅い日が増えたせいか、宿題→夕食→お風呂の時間が押して、
                   なんやかんやで読んであげる機会が減り。
               (長女自身が自分で読みたい本があったりもするし)
             あれ?最近あまりこどもたちに絵本を読んであげていないかも。
              

             くりすます (1)  
     ちょっと切なさを感じたもので、とりあえずクリスマスに読んであげたい絵本をピックアップ。 
               「ミッケ」のシリーズなど、ゲーム感覚で楽しめる絵本。
              洋書だけれど絵が美しい「くるみわり人形」のしかけ絵本。 
           わたしの妹がこどもの頃よく読んでいて、実家からゆずってもらった、  
         「ぐりとぐら」と、林明子さんの小さなシリーズ「クリスマスの三つのおくりもの」。  
                   などなど、ソファーの上に並べておいたら、
             2人とも、母が読んであげる前に自分たちで読んでいました。


                       結局今日は忙しくて時間もなく、
        こどもたちも「明日の朝、早起きしてプレゼントを見たいから。」と、早めに就寝。

           読んであげることはできなかったけれど、実感したことがひとつ。
                     絵本は本棚に並んでいるだけより、

                 目につくところに置いてある方が手に取りやすい
                              ↓
                「よんで~」とお願いしてきたり、自分で読んだりする  


                           ふむふむ。
         これからは時々こんな風に、おすすめ絵本を本棚から出して置いてみよう。


                          絵本の良さは、
                         想像力が育つこと。  
             自分の知らなかった世界や価値観に触れることができること。   
            主人公や登場人物に自己投影することで、疑似体験ができること。
              物語と実体験とがリンクしたときの、琴線に触れる心地よさ。
              言葉や表現が、染み渡るように心と頭に入ってくるふしぎ。

   
             思えばわたしも、こどもの頃にくりかえし読んだ本や絵本は、
      結構記憶に残っているもので、今の自分の趣味趣向にかなり影響している気がします。
                   


              さてさて、サンタさんが来るのを心待ちにしているこどもたち。
                    寝る前にいそいそとお手紙を書きました。
   今年はいつものように、ジンジャーマンクッキーを焼いて用意しておくことはできなかったけど。

             くりすます (2)
                    「サンタさんも、よんでくれたらいいな~♡」
                   と、クッキーのそばに絵本もセッティングして。


   くりすます (3)
                   お持ち帰り袋もご用意いたしております。
                        明日の朝が楽しみです。

 ほん・えほん

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。