EARLY BIRD

こどものこと日々のできごとを 、ゆっくりのんびりと・・・

おまつりとこどもたち

             おまつり (1)
                 13日から5日間つづくおまつりが終わりました。
                 梅雨明け前なので、毎年天気予報とにらめっこ。
                雨がぱらついたり、日差しが強く蒸し暑かったり・・・
                なかなか大変だけれど、こどもたちは元気いっぱい!


             おまつり (2)
                      炎天下のもと、子供会のおみこし。
                         暑さなんてなんのその。


   おまつり (3)
                    去年は泣きながら逃げていた次女が、
      今年は自ら「たたいてください。」とおめんさんのもとへ、母をぐいぐいひっぱってゆく。
                 どういう心境の変化でしょう!?びっくりしましたよ。
             (おめんさんに叩いてもらうと、無病息災の謂れがあります。)
       

             おまつり (4)
                      子供会に参加するのは小学生から。
                 まだ予備軍の次女は太鼓をたたくことができません。
              それでもいっちょまえに、小学生やお父さん方の姿を真似して、
                 地べたにあぐらかいて、一緒になって囃したりして。
                   「わたしも、はやくたいこたたきたいなぁ・・・」
                     うっとり眺めながらつぶやいてました。


             おまつり (5)
             おまつりを通して、子どもたちもぐんと成長するような気がします。
                 年上の子に影響を受けたり、年下の面倒を見たり。
            「今、何をするべきで、何をしてはいけないのか」を感じたり知ったり。
              「地域ぐるみの子育て」とは、正にこういうことなんだなぁ・・・と。
                    暮れゆく空を見ながら、しみじみ思いました。
                   

 こどもたち

0 Comments

Leave a comment