EARLY BIRD

こどものこと日々のできごとを 、ゆっくりのんびりと・・・

ふしぎ

             小さい人には、「なんで?どうして?」という疑問がいっぱい。
                 昨日、次女から突然こんなことを聞かれました。


                   「にんげんて、どうやってつくられたの?」


                     来たな~久しぶりに哲学的疑問。
                         さて、どう答えましょ・・・
               ふと頭をに浮かんだのは、イザナギ・イザナミの神話。
                    「う~ん・・・神様がつくったのかなぁ・・・」

                 
                       すかさず納得したかのように、                
       「じゃあ、ひがしの(近所のお宮さん)のかみさまが、ひろっちをつくりあげたのね!」


                       返答に困っている母をしり目に、
          「・・・ってことは、かわづのひとびとは、かわづのかみさまがつくりあげて、
                    にほんじんは、にほんのかみさまが・・・」


                  
                   今ここであれこれ教え込むこともなかろう。
                  「日本には、たくさんの神様がいるんだよね。」
                         と、返してみたところ、


              次女の頭の中ではぐるぐる考えが巡らされていたのでしょう。
            「がいこくじんは、がいこくのかみさまがつくりあげたんだ!きっと!」
           


            大人からの返答が、明確な答えでなくてもいいのかなって思いました。
                   こどもが自分の頭で想像することは大事だし、
                   「ヒトはサルから進化して・・・」なんてことを
            いつかどこかで知った時、なるほどな~とより強く思うかもしれない。


 
         当たり前なんだけど、当たり前だからこそ見えなくなっていることは色々あって。
                いろいろな角度からのものの見方や考え方があること。
                こどもとのやりとりで、またひとつ意識させられました。

    そら
                   この会話のあと、家の外に出て見上げた空。
                  「おか~さ~ん!きよしろーがおりてくるよ~♫」
             雲間から差し込む光を見て、空から忌野清志朗が降りてくるって。
        
  
                    「にんげんはどうやってつくられたの?」
        疑問のきっかけは、清志朗の「GOD」という曲が頭の中で流れていたからだそうで(笑)


                  「だってさ、『あいつのなまえはジー・オー・ディー
                        にんげんどもをつくりあげた
                       せんそうとへいわのいたちごっこ
                 ちんけなげーむをつづけてる~♫』っていってるでしょ?」

 いもうと

0 Comments

Leave a comment