EARLY BIRD

こどものこと日々のできごとを 、ゆっくりのんびりと・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

アトリエKASUGA

         こちらも、数年来想いつづけて、ようやく訪れることができた場所。
            すばらしいと評判の、写真家・春日広隆さんのアトリエ。
        ご本人を前に、とても写真を撮らせていただくなんてできませんでした・・・
             ので、いただいてきたインビテーションカードをぱちり。


  kasuga (1)
                    「アトリエKASUGA」
                    【ART Photography ASIA展】
            アートフェスティバル参加期間 ~5/26  月・火・水定休


       スタイリッシュな建物に、6人の写真家さんのモノクロ写真作品が並びます。
      春日さん曰く、「たまたまみんな、表現したいの手法がモノクロだった。」とのこと。
             同じモノクロでも、それぞれ作風が違うがおもしろいです。


             kasuga (2)
        この写真下側の、ピーター・ミラー氏の作品は、写真を銅版画にしたもの。
     和紙に写しているそうで、深く濃い黒と、霧のようにぼやけた空との陰影が特徴的。
        世界でも、この技法を使って表現するアーティストは滅多にいないとの談。
    「春二番」というタイトルの吉野桜の作品が、頭に焼き付いて離れないくらいすてきでした。


    写真上側のウィン・ホワイト氏もちょうど在廊していらして、いろいろ説明をしてくださいました。
            皇居の石垣と木の枝の影をとらえた作品を拝見していたら、
   「この石(江戸城の築城跡)は、このあたりから運ばれたものもあると最近知って驚きました。」
                      と、おっしゃっていました。
   
 
             kasuga (3)
         こちらの写真上側の、木戸孝子氏の作品も詩的ですばらしかったです。
           窓に打ち付ける雨のしずくと、外側にぼんやりと見えるネオン。
             1番印象的だったのは、列車の最後尾の窓からとらえた、
           深い雪の中遠ざかってゆくプラットフォームと向こうへ続くレール。
              「この写真を撮った時の心情を想像したくなるような・・・」
        そんな感想をぽつりとこぼしましたら、春日さんはこんなことをおっしゃいました。
          「こういう写真は、男には撮れませんね。女性ならでは作品でしょうね。」

            

               真冬の極寒の北海道で、1ヶ月近く撮影に挑んだ方、
           上野の不忍の池で、水鳥が飛ぶ時の一瞬の波紋をとらえた写真・・・
                      とにかく素晴らしかったです。
               残り期間はわずかですが、機会がありましたらぜひ!

 
               yumiさんのブログを参考になさってください♫ →                      

 イベント

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。