EARLY BIRD

こどものこと日々のできごとを 、ゆっくりのんびりと・・・

みなみへ

              年明け最初のブログで変更するつもりでいたのに、忘れてました・・・

       6年前にブログを始めたとき、考えたハンドルネームがことごとく使用できず、
              苦肉の策で決めた【enu:k】という、読みづらい名前。
       ①こどもの名前を逆さにして②1字抜いて③「ku:nel」みたいに記号入り(笑)
             
               月日は流れ・・・去年あたりから【TONE】名義で、
          拙いハンドメイド雑貨を販売させていただく機会ができたこともあり、
       この際、紛らわしさを無くすためにも、ハンドルネームを変更することにします。
     
                  【enu:k】あらため【TONE】です。
                     よろしくお願いいたします。

            《TONE》(トーン)・・・(音・声の)音色・調子、(色の)色調
      音楽好きで、色合わせにこだわる自分にぴったりの名前かな~と思っています♫


                    さて、前置きが長くなりましたが。
      昨日は河津の図書館でのおはなし会(未就園児向け絵本の読み聞かせ)の後、
           お天気の良さに誘われるように車をぴゅ~っと南へ走らせて・・・

         みなみ (1)
                     南伊豆の弓ヶ浜でピクニック。
               車を降りるとき、hiroがおかしなことを言いました。 
               「おべんとうたべないで、まずはおはなししようよ。」
         座る場所を決めて、さあ、何を話すのかと待っていましたらおもむろに、
                「うみのみずは、なんでしょっぱいのかなぁ・・・」
             
                  こどもって、哲学者みたいだったりします。
            日常の些細なイタズラだって、要は‘研究熱心’なんですよね。

             小さい人の問いかけに答えるには、想像力がとっても必要。
             メルヘンでファンタジックな答えをしてあげられたら良いのに、
                   わたしには残念ながらその技量がない。
       反対に小学生のikuには、ちゃんとした知識で教えてあげるべきなんだろうけど、
                そんな深い知識も持ち合わせていない・・・(汗)
                                              
             みなみ (2)
                  小さな哲学者は、ミュージシャンに変身。
         今年最初のウクレレが、ウクレレにぴったりな南伊豆のビーチだったのは、
               たまたまなんだけど、なんだかテンション上がります。
                 (ウクレレの腕も上がれば良いのだけど・・・)
                        


              午後は「KODOKODO」さんでのウクレレサークルへ・・・              みなみ (3)
                 少し早く着いたので、フラのレッスンを見学。
                南伊豆のゲストハウス「KODOKODO」さんでは、
                   月1でフラのサークルも始まりました。
                        13:00から1時間。
              そのあと続けてウクレレオーケストラが14:00~16:00。
          伊豆の南に老若男女が集い、ハワイアンな1日をゆる~く楽しんでいます。
              詳しくは「KODOKODO」さんのHPをご覧ください → 
                 hiroが幼稚園に入ると、お迎えなどの関係で、
               これまでのように気軽に出かけられなくなりますが、
              無理のない程度に、続けてゆけたらいいな~と思います。
                     ウクレレを弾く楽しさもありますが、
        住む場所や年齢の違う人たちと接することで、いろいろ学ぶことも多いのです。


    みなみ (4)
            下田では「水仙まつり」「アロエまつり」などが開催されています。
             (↑撮ったときには気づかなかったけど、右下にアロエの花が♪)
           「伊豆スケ・ブログ」のTakuさんが、レポをアップしていらっしゃいます。
                  
                  1月6日の爪木崎水仙まつりの様子 →     
     
                   1か月後には河津桜も咲いているのかな・・・
                少しずつ、春の気配を感じられるようになりますね。

 ふうけい

8 Comments

Taku  

hiroちゃんと弓ヶ浜でこんな素敵な時間を過ごされていたのですね(´∀`*)
やっぱり、石臼のお話しか思いつかなかった。
確かに、もっとわかりやすくてどんな子供も納得するような答えがあればいいですね♪

2013/01/11 (Fri) 12:17 | REPLY |   

コドコド@よしえ  

hiroちゃんの可愛さにデレデレいちゃいます。
幼稚園に行くのでコドコドにもしばらくは来られないんですね。

小さな子どもとの会話は、内容よりもひとりの人として受け答えしてくれているかどうかだけが大事なんだと昔々の幼稚園の保護者会で聞きました。真剣に一緒になんでなんだろうね?って考えてくれたことが心に残ると信じてます。
いくつになってもわからないことだらけで、だから楽しいんだと思います。なんでもわかっちゃってるのはつまらないなってね。

今年もよろしくv-22

2013/01/11 (Fri) 13:10 | EDIT | REPLY |   

TONE  

>Takuさん

幼稚園に行くと、世界が少しずつ変わりますからね(;_:)
ぴっとり一緒にいられる時を、大事に過ごしたいです♡

1年生の教科書に、「海の水はなぜしょっぱい」という昔話が載っているんです。
去年ikuが音読していたので、hiroの頭の中にももしかしたらその文章がインプットされていたのかも(笑)

2013/01/12 (Sat) 00:03 | REPLY |   

TONE  

>コドコド@よしえさん

とっても素敵な幼稚園の先生ですね♪
わたし自身が子育てをしている中で気付いたのは、
こどもは自分のことを‘こども’とは思っていないってこと。
1人の人として尊重しつつ接して話をすると、素直に言うことだって聴いてくれる。

無理して答えようとしなくてもいいんですね(*^_^*)
一緒に考えたり一緒に調べてみたり、共有することが大事なんだ。

またひとつ気づかせてもらいました。
ありがとうございます♬

2013/01/12 (Sat) 00:08 | REPLY |   

ぷりんす  

おはようございます。
名義変更?ですね。

ラーメンマンがマスクを被るとモンゴルマン
武藤啓司がペイントするとグレートムタになる的な。
(違います?)

じゃあ私も
綾小路太麻呂とかに・・・。

で、娘さん。いい感性ですね。
海がナゼしょっぱいのか・・・
人生の折り返しあたりにさしかかった私も
わかりません。。。

2013/01/12 (Sat) 06:42 | REPLY |   

jam  

TONEさん、素敵な響きですね.。゚+.(・∀・)゚+.゚改めてよろしくお願いします♪

こどものナゼ?どうして?はいいですよねぇ´◡`
一緒に考える時間も良いものです♡
海の水はナゼしょっぱいのか…。
海は神様の涙でできていると小さい時に教えてもらった記憶があります。悲しみの涙、嬉しい涙、楽しい涙がたくさんです。゚(ノ∀`*)゚。

夢のある楽しい話は大人になっても忘れないですよね(*´艸`)

2013/01/12 (Sat) 20:01 | REPLY |   

TONE  

>ぷりんすさん

はい。
これからはEではなくTでお願いしますm(__)m

名前が変わったことで、がらりと代われたらいいですけれどね~
相変わらずです。

「人生」という単語を聞くと、まっさきに思い浮かぶのが、
「人生楽ありゃ苦もあるさ~♬」であろうこどもたちです。
「power」と聞いたら、長女なら「ぱわ~とぅ~ざぴ~ぽ~♬」と来るでしょうね。

2013/01/13 (Sun) 08:04 | REPLY |   

TONE  

>Jamさん

名前の響きにと同じくらい中身もすてきになれたらよいのですけれど・・・(^_^;)

「かみさまのなみだ」って話、いいですね♪
何でも白黒現実的に語ってしまうより、少しくらいメルヘンでもいいじゃん!
と、思っています。
絵本の世界に近いかもしれませんね(*^_^*)

2013/01/13 (Sun) 08:08 | REPLY |   

Leave a comment