EARLY BIRD

こどものこと日々のできごとを 、ゆっくりのんびりと・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

幻想的

               ブイヨンさんのブログ記事を見て気になったので、
           伊東の病院への通院のついでに、街まで下りて観てきました。
              松川沿い遊歩道のライトアップ<松川灯りの小径>。
            松川 (2)
         遊歩道の灯篭と、東海館とK’s Houseにほんのり燈された灯りと、
     風に揺れる柳の枝垂れた枝が、幻想的で幽玄な世界へといざなってくれます。
              ソメイヨシノが咲いたら、なお一層素敵でしょうね。                              

     松川 (3)
                    川面にゆらめく建物の灯り。
                言葉はいらない。ただただ眺めていたい。
  
            ・・・けれど、遊歩道下の、川べりのごつごつした細い道を、
         つなぐ手を振り払って1人で走ってゆこうとするhiroさんと一緒では、
              おちおち雰囲気に浸ってもいられないのが現実。

            松川 (1)
                  夜のとばりが降りてくる18時過ぎ。
            見上げた西の空には並びあった宵の明星・金星と木星。
                   星と街の灯りと川のせせらぎ。
                   ikuと手をつないで歩くhiroの、
               「おとーたんとおたーたんも、て~つないで!」
          の指示で、久しぶり(何年ぶり!?)に主人と手をつないで歩く・・・
          いつも通りの通院だったはずが、ちょっと足を伸ばしたおかげで、
                    すてきなひと時になりました。
              
                          そうそう。
                   木星と金星が接近する天体ショー、
                 先週が最も接近していたそうなのですが、
         このように木星と金星が天体上でほぼ重なって見える状態を「合」と呼び、
                    紀元2年6月に起こった「合」が、
       <ベツレヘムの星>・・・キリスト誕生を知らせ、博士たちを遠方から呼び寄せた・・・
                 なのではないか!との説があるそうです。
          キリストの生誕については諸説あり、紀元5年ごろが有力らしいですが。
                次回の「合」は2013年5月28日だそうです。
                    金星・木星
                

 ふうけい

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。