EARLY BIRD

こどものこと日々のできごとを 、ゆっくりのんびりと・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

冬至

                  冬至といえば、ゆず湯にかぼちゃ。
         でも我が家では、毎年忙しくてうっかり用意し忘れてしまうのが常。

            ほしまつり
                   冬至は太陽が1年で1番弱まる日。
             「太陽が弱まる=人の心臓も弱まる」といういわれから、
         冬至には「星まつり」(星→☆ではなく心臓のこと)というお祭りをして、
                      鎮魂のお札を受けます。
       町内180軒ほどのお家に、そのお札を配って回る手伝いを毎年しています。

            ねんがじょう
          車の免許をもっていない主人のため、運転手をしているのです。
         待ち時間に、狭い運転席で年賀状を書くのは、毎年恒例の行事(笑)
       天気が良ければ、きらきらの海を見ながら、こどもたちにもいいドライブです。

            せきはん
    お札を配る手間をしてくださる方々と、神様にあげるためのお赤飯を炊く手伝いもします。
          昔ながらの木を燃す釜で蒸かしたお赤飯は、ふっくらつやつや。
                こちらでは、なぜか甘納豆も入っています。
            甘納豆の甘みとごま塩の塩気のバランスが絶妙の郷土料理。

                   冬至がすぎ、年賀状も書き終え、
                   今日はいよいよクリスマスイブ。
                プレゼント、喜んでくれるかしら~どきどき。 
             

 くらし

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。