EARLY BIRD

こどものこと日々のできごとを 、ゆっくりのんびりと・・・

綴る

最近読んだ本。

空の絵本 (ことばのおくりもの)空の絵本 (ことばのおくりもの)
(2008/03)
あまん きみこ

商品詳細を見る

絵本作家のあまんきみこさんのエッセイ。
こどものころの記憶、若くして亡くなられた母との思い出、こどもたちとのできごと・・・
読みながら、ほんわりとやわらかでやさしい気持ちになります。
小学生のある1クラスから、黄色く色づいた葉っぱが送られてきたエピソードがすてきでした。
装丁と挿絵も文章にぴったりで、あまんさんの世界に引き込まれます。


より道・わき道・散歩道より道・わき道・散歩道
(2002/05)
河合 隼雄

商品詳細を見る

日本におけるユング派心理学の第1人者である、臨床心理学者。
・・・というと、固いイメージですが、心理学者であるゆえに、こどもや絵本に関する本も多く、
文章もとても読みやすいし、話がおもしろい。
(莫大な量の本を出版されているので、中には専門的すぎて、
わたしなどにはチンプンカンプンなものもあるはず・・・)
この本は、毎日新聞に連載されていたエッセイを中心に集めたもので、
子どもの頃のこと、研究会や講演会さきでの出来事、好きな音楽、気になる人のことなどが、
明快で親しみやすい文章で綴られていて、人となりが窺えるよう。


あまり読書の時間を取れない(大作苦手・・・ともいう)わたしにとっては、エッセイは読みやすいジャンル。
いろいろな人のエッセイを読んでいると、それぞれの個性があるわけですが、
言葉を綴って感じたことを表現をできるということは、とてもうらやましいことです。
すっきりと洗練されていて、心を打つ文章・・・
6年もブログを続けているのに、未だに文章下手の自分が悲しい。
暮らしとともに、自分の発する言葉にも感性の磨きをかけたいものです。

 ほん・えほん

0 Comments

Leave a comment