EARLY BIRD

こどものこと日々のできごとを 、ゆっくりのんびりと・・・

素敵なお店

       美術館への1人旅の途中、せっかくなので、いくつかお店に寄ってきました。
     生地など
         まずは、清水町にある生地や糸のお店「オウ・フィル・ドゥ・ロウ
           年に1~2回行けるか行けないか・・・というお店ですが、
       厳選された使いやすくてかわいい生地と、色のきれいなノルウェーの糸、
                手ごろな値段のレース糸やテープ・・・
              ハンドメイド好きには、夢のような場所です。

      お店の方に相談に乗ってもらい、ikuのピアノの発表会用の生地を選びました。
          (12月に初めての発表会があります。上手に作れますように・・・)
             三つ編み状になっているきれいなパープルの糸と、
          ikuが成長してきたので、150サイズまでパターンのある本も。
            

            次は初めてのお店「weekend books」を目指します。
           「オウ・フィイル・ドゥ・ロウ」から、車で5分ほどで行けます。
                 (国道1号線が空いていれば・・・)
           地図で調べて行ったのですが、なかなか見つけられず、
      お店に電話をしたら、お店の方が外まで出て、待っていてくださいました。
     ほんいろいろ
   料理やインテリアの本、エッセイ、絵本など、わたしの好きなジャンルの古本がたくさん!
     「あ、この本気になっていたのだ!」「この人の本、本屋さんには置いてない!」
        うれしくてうれしくて、独り言を言いながら、にまにましてしまいました。
             古家具を所々に配置してあり、レイアウトもすっきり。
               わたし的には、かなり落ち着く雰囲気です。
        CDのレンタルをできるようですし、ここでお茶もいただけるようです。
             お店の方と、読み聞かせのことでお話もできて、
               心満たされる、素敵な時間を過ごせました。
                  ここも夢のようにすてきな場所。
          三島方面に行くときには必ず寄りたいお店がひとつ増えました。

       
    「ヴァンジ彫刻庭園美術館」の帰りに、三島駅近くの雑貨屋さんにも初めて訪れました。
           sora (6)
             雑居ビルの2階のお部屋を改装した雑貨屋さん「sora
           作家さんの作品や、アンティークの雑貨などを扱うお店です。
            ブログにお店のHPアドレスを載せたい旨をお伝えすると、
          快く承諾してくださって、写真もたくさん撮らせていただきました。
          (わたしの写真技術がないことが、かえって申し訳ないです・・・)

 sora (1) sora (2)
 sora (3) sora (5)
              扉を開けて目に飛び込んできたのは、緑の窓。
             きらきらと木漏れ日が降り注ぐ、素敵なお部屋です。
          小さな古いものから、手仕事のぬくもりが感じられる作品まで、
           すべてにオーナーさんのこだわりと愛情が伝わってきます。

           sora (4)
         この日作ったばかりの、‘たからばこ’をイメージされたディスプレイ。
           日々の暮らしが心豊かになるヒントを、たくさんいただきました。
                 カーテンのタッセルにレース使ったり、
         ほんの小さなスペースに、自分の‘たからばこ’のような演出をする。
                些細なようで、とても大切で贅沢なこと。

           soraのもの
     気づいたら、自然に集まっていた古い薬びん(・・・知らず知らず好きだったみたいです)
                持っていない形のものがあって、惹かれたり、
              かなりの時間迷って、我が家へやってきたものたち。
            肌触りのよい今治のタオル。古い木製のタオル留め。
                  ロシアの繊細な細工の小物入れ。
             40~50年前のオーストラリアのシャンデリアのパーツ。
   (レースは私物。「レースを使って、サンキャッチャーにしてもいいですね。」とのアドバイス)


           彫刻などのアート然り、お店という空間でも、音楽や本などでも、
          「自分を表現する」ことができる人たちは、なんて素敵なんでしょう。
         今回お邪魔したお店の方々は、みなさん小学生のお子さんがいらして、
   家事・育児とお店の経営とを、ゆるぎないコンセプトと両立されているようにお見受けしました。
         ゆったりと落ち着かれた雰囲気の中に、仕事に対する凛とした姿勢と自信。
                          憧れです。
                  いつかわたしもそんな風になれたら・・・
              いろいろなことを学び、感じ、刺激的な1日でした。
          
            


               三島・沼津方面では、まだまだ行ったことのない、
                    気になるお店がいっぱいです。



       
            irodori.jpg
         「weekend books」で買った焼き菓子は、函南にあるお店のお菓子。
               10歳以下の子どもは入店できないそうですが・・・
                  ケーキとアンティークのお店「irodori


                伊豆の国市田京の器のお店 「うつわ屋kiki

                     長泉のカフェ 「awatenvou

              三島の源兵衛川沿いのカフェ  「♯dilettante cafe

                 修善寺のオーガニックカフェ 「tutty cafe


              もっと三島方面に近ければよかった・・・というのが半分。
              遠いゆえに、誘惑が少なくて済んだ・・・というのが半分。
                   ちょうど良い距離ということでしょうか。
                   つくづく思う。伊豆はよいところです。

          

 すきなおみせ

6 Comments

daichiizu  

写真、雰囲気あるじゃん。いいんじゃないの?

頻繁じゃなくて適度に行ける距離のほうが、
旅を楽しめてイイと思うヨ。

2011/08/31 (Wed) 23:10 | REPLY |   

enu:k  

>daiちゃん

子どものころから、カメラを使いこなして(?)いた方にそう言っていただけるのは光栄です。

そうそう。
たまにしか行けないから、‘旅’なのよね。

2011/09/01 (Thu) 05:32 | REPLY |   

weekend books  

先日はありがとうございました。
楽しんでいただけたようでよかったです。
東部にも、色々すてきなお店がありますね。
(soraさん、私も大好きです)
またこちらにいらした折には、
ぜひお立ち寄りください。
お待ちしています。

2011/09/02 (Fri) 20:20 | REPLY |   

enu:k  

>weekend booksさま

コメントありがとうございます。
ほんとにほんとに、あの日はとても実り多い日でした。
1人でフットワークが軽かったので、思い切って初めてのが場所を訪れることができました。

読み聞かせは10月からなのですが、
こどもたちとの楽しい時間を作れるように、よい絵本を見つけていきたいと思います。
読み終えた後、「ほ~っ!」という、ため息が聞こえてきた本がいくつかあって、
読み手と聞き手が一体になれる、一緒に楽しめる、
わたしの‘読み聞かせ定番絵本’を探してゆこうと思っています。

次回は長女も一緒に連れて行きたいです。
ブログにも、ときどきお邪魔させていただきます。

2011/09/03 (Sat) 05:50 | REPLY |   

sora-junko  

こんばんは。
今日は再びお越し頂いて、それもご家族で、
とてもとても嬉しかったです。
今もブログを書きながら、お子様達の事を思い出しておりました。
優しいご両親と可愛いお子様達、心が温かく成りました。
お帰りに成られるご家族の後姿を、幸せな気持ちでお見送りさせて頂きました。
小さな木の器で、おやつを仲良く食べて欲しいです(#^.^#)

2011/09/04 (Sun) 21:00 | EDIT | REPLY |   

enu:k  

>sora-junkoさま

昨日はぞろぞろと押しかけまして・・・
小さい子がいるのに、温かく見守ってくださって、
ありがとうございます。

わたしは小学校6年生ごろからですが、
親の仕事のついでに、渋谷・自由が丘の雑貨屋さんに
ときどき連れて行ってもらいました。
行くたびにポストカードやフランスのビーズなどを、
こつこつ買いためていったのが、
懐かしい思い出でもあり、少なからずわたしの感性にも影響していたと思います。

むすめたちも、soraさんでそんな風に育ってくれたら(笑)素敵です。
実際にそちらに行くことは、なかなかできませんけれど、
ブログにおじゃまして、訪れた気分に浸ります~

2011/09/05 (Mon) 05:15 | REPLY |   

Leave a comment