EARLY BIRD

こどものこと日々のできごとを 、ゆっくりのんびりと・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

よみきかせ

           学校読み聞かせ
        ひとつ前の記事にも書いた、沙羅の木文庫での素晴らしい体験の翌日、
           興奮冷めやらぬまま、2回目の小学校での読み聞かせへ。

                     
             1冊目  「だぶだぶ」  なかのひろたか 作・絵
             2冊目  「まっくろネリノ」 ヘルガ・ガルラー 作・絵
             手遊び  「かたつむり」の歌に合わせて、指の体操
             3冊目  「かたつむりとさる」 ラオス・モン族の昔話


              1年生のクラスに入り、こんな内容で進めました。
                   読み聞かせの時間は20分。
               みんなきちんと座って、静かに聞いてくれました。
               笑ってほしいところでは、笑い声が聞こえたり、
                 つっこみを入れてくれる子もいたりして、
           絵本を楽しんでくれているのが分かり、読みやすかったです。
 
               そろそろ集中力も切れてくるかな・・・と思い、
             2冊目と3冊目の間に、簡単な手遊びをしてみました。
             
            ①両手をこぶし(グー)にして、前に出す。
            ②右手の小指と左手の親指を、同時にピッと出して引っ込める。
            ③今度は右の親指と左の小指を、同時に出して引っ込める。
            ④「かたつむり」の歌に合わせて、出して~引っ込める!を繰り返す。

           利き指でないほうの小指を出すのが、なかなか難しいのです。
              慣れてきたら、歌う速度を速めるとおもしろい!

                  「かたつむり」の流れで、3冊目に。
           この本は、絵本ではありますが、絵が刺繍で描かれていて、
        「ラオスという国のこどもたちが、針と糸で、ちくちく縫ったんだそうです。」    
                  と話しながら、見せて回ったら、
              予想以上に、みんな興味深々で見てくれました。


                次回も1年生のクラスに入る予定ですが、
          少しずつ上の学年にも入って、経験を積むように言われました。

            これまで、家でもかなりの数の絵本を読んではきたけれど、
                 「読み聞かせ向け」の絵本探しとなると、
                   今までとは少々勝手が違うし、
          なるべく、テーマに沿った絵本選びをしたいとは思っているけれど、
               図書館で探すのにも時間がかかってしまう・・・
            しかも、図書館で大声で走り回る人(hiro)はいるし・・・
                落ち着いて選べない現状ではありますが、
                    そのうち、慣れてくるかしら。

         来週は、季節がら、かえるさんの話にでもしてみようかと思ってます。
              
           
だぶだぶ (こどものともコレクション2009)だぶだぶ (こどものともコレクション2009)
(1998/03/01)
なかの ひろたか

商品詳細を見る


まっくろネリノ (ガルラーの絵本)まっくろネリノ (ガルラーの絵本)
(1973/07)
ヘルガ=ガルラー

商品詳細を見る


かたつむりとさる―ラオス・モン族の民話 (こどものとも世界昔ばなしの旅)かたつむりとさる―ラオス・モン族の民話 (こどものとも世界昔ばなしの旅)
(1997/11)
ヤンサン、ハーダン 他

商品詳細を見る

           

 ほん・えほん

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。