EARLY BIRD

こどものこと日々のできごとを 、ゆっくりのんびりと・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

読み聞かせ

            よるのようちえん
                      少し前のことですが・・・
                幼稚園に読み聞かせに行ってきました。
       PTA活動の一環で、数ヶ月に1度、保護者が各教室へ絵本を読みに入ります。

               わが子には毎日のように絵本を読んでいますが、
                 20名の年長さん相手。男の子もいるし・・・
            さんざん悩んだあげく、やっぱり少しおもしろ系に決めました。

 
        谷川俊太郎さんの「よるのようちえん」は、そのタイトルどおり、夜の幼稚園に
         摩訶不思議な生物が一人ずつ現れて、遊んでいる様子が描かれています。
           「さっとさん」「そっとさん」「ぱっとさん」「ぽっとさん」たち総勢10名が、
            「もなもなみねむ~」なんて不思議な言葉で話すのがうけました。
               裏表紙には、谷川賢作さんによる楽譜もついていて、
        目ざとい子は「あ!おんぷがある!うたって~!」とリクエストくださいました(笑)
            残念ながら、図書館で借りていた本なので、こちらも勉強不足で、
           歌ってあげることはできませんでしたが、とっても面白い絵本なので、 
                 購入してもいいかもな~なんて思っています。


           もう1冊の「おおきなものの すきなおうさま」は、「旅の絵本」で有名な、
           安野光雅さんの絵本で、わたしがこどものころに読んでいた古い絵本。
       なんでも大きくないと気がすまない王様の滑稽な姿が、古典的な絵で描かれています。
          

                      今はまだ余裕がないのですが、
           こどもたちがもう少し大きくなって、時間にも気持ちにもゆとりができたら、
          小学校に定期的に入る、読み聞かせのサークルに参加させてもらいたい・・・
                      そんな風に目論んでいたりします。
                  ボランティアというほど大げさではないけれど、
                多少なりとも地域の役にたつような行動をしたいなぁと。
                      まだまだ先の話ですけれどね。

 ほん・えほん

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。