EARLY BIRD

こどものこと日々のできごとを 、ゆっくりのんびりと・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

おねえさん

ねえさんといもうと (世界傑作絵本シリーズ)ねえさんといもうと (世界傑作絵本シリーズ)
(2006/03)
シャーロット ゾロトウ

商品詳細を見る

何でもお世話を焼いてくれるねえさんと、その妹の話。
でもある日妹は、「あれをしなさい。」「これはだめよ。」と言われることが嫌になり、
姉さんがおやつを用意している隙に、こっそり家を抜け出します。
ひとり原っぱで寝転んでいると、姉さんが探しにやってきますが、妹は隠れたまま出て行きません。
妹が隠れているそばまで来ても気づかない姉さんは、しくしくと泣き出し。
妹は、いつも姉さんが自分にしてくれるように、ポケットからハンカチを取り出し、
姉さんの肩に腕を回し、「だいじょうぶよ。」と、なぐさめます。
それから2人は、たがいに助け合っていくようになりました。
姉さんから色々教わり、妹も何でもできるようになっていたのです。


・・・これは、母とこどもに置き換えても同じことが言えます。
先日、ikuとのバランスに悩んでいたわたしですが、この本のことを思い出し、再読してみました。
うんうん。そうよね、たしかに。
思いあたる節がいくつかあります。
ikuだって、できることがたくさんあって、ひとりになりたい時があるはず。
つい大人の都合や時間の軸に合わせてしまうけれど、許せる限りはikuのペースに任せてみよう。
実際に試してみたら、少し気が楽になったし、ikuとのやりとりもスムーズになったような感じ。
何でもこどもに合わせる訳にもいきません。
それでは生活のリズムが作れなかったり、ただの甘やかしになってしまう。
そのあたりの差し引きが難しいですけれど・・・
ikuがわたしと離れている時、よそに行っているときに困らないように。自分で解決できるように。
それが親としての責任のひとつかなぁ・・・と思うこの頃です。



こちらは、友人からikuとお父さんへの贈り物。

おねえさんになるひおねえさんになるひ
(1998/06)
ローレンス アンホルト

商品詳細を見る

赤ちゃんが生まれるのを心待ちにしてきて、一緒に遊んだりするのを楽しみにしていた女の子。
かわいい弟が生まれて、うれしくて仕方がないのだけど、少しすると現実が想像とは違うのに戸惑う。
いつまで経っても大きくならない。両親は赤ちゃんの世話で忙しく、以前のように遊んでくれない。
「あかちゃんなんか、どっかいっちゃえ!!」
雪の降る庭へ飛び出し、ひとりで泣き叫びます。
そんな女の子の思いに気づき、迎えに来てくれるのがお父さん。
‘お父さんとこども’の絆を描いた絵本は、‘お母さんとこども’に比べ、圧倒的に少ない。
お姉さんになった女の子の心模様を描いてありますが、世のお父さん方へのメッセージにも取れます。



さて、我が家のねえさんといもうとですが・・・

                           ある日は・・・
             よみきかせ
           読み聞かせをしてくれるねえさんと、それをうっとり見つめるいもうと。
        (ちなみに、これはビジュアル的に置いてある、マザーグースの小さな洋書。
         わたしが中学くらいのころに、洋書にはまり始めた母が買ってくれたもの。
             いっちょまえに、英語風に読んでいるikuねえさんです。)
           

                         また、ある日には・・・
             ようせい
                魔法使いのねえさんと、魔法をかけられるいもうと。 
                      どんな魔法をかけたことやら。

 ほん・えほん

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。