EARLY BIRD

こどものこと日々のできごとを 、ゆっくりのんびりと・・・

想定外のできごと

          我が家にねこがいる・・・ありえないことが突如起こりました。
              ねこ

昨日の夕方6時過ぎのことです。
カーテンを閉めようとして、ふと窓の外を見るときれいな月が。
ちょうど図書館で「センス・オブ・ワンダー」を借りて読み始めたところだったので、
(内容は後でご紹介しますね。)
虫の声にも誘われて、ikuとお月さまを眺めようかと、ふらりと外へ出たら・・・
隣のおばさんが懐中電灯を手に何やら苦戦している様子。
どうも子猫が車の下に、それも地面ではなく、車体に入り込んでいるらしい。
そういえば、昼間から近くで子猫の声がしていました。
「明日の朝までいられたら、車が出る時に困るよね・・・」
タイミングよく通りがかったおまわりさんも巻き込んでの救出劇!
バンパーを開けて待っていたら、姿を現してくれましたが、奥のほうでうずくまって出てきてくれない。
手を出すと「しゃ~!!!」と噛み付こうとするし。
猫になれている人がえさをあげて、ようやく救助。

ところが・・・
助けたはいいものの、さて?この子猫はどうするの???
おまわりさん→交番→即、保健所なのだそうで、おまわりさんに任せることはできません。
「心あたりがあるし、飼ってくれる人を何とか探すから、数日だけでも誰か預かってくれれば・・・」
と言ってくれる人があったのですが、
「わたしは猫は嫌い。」
「うちは旦那が猫がだめ。」
「うちはすでに3匹いるから、これ以上は無理。」
等々、その場に居合わせた人たちみんなが却下。

たぶん、捨て猫なんじゃないかと。
この辺は野良猫も多いけど、子猫は大きくなるまで親猫と一緒にいるもの。
誰かが育ててくれるなら、殺されなくても済むのなら・・・
「じゃあ、うちで預かります。」
連れて帰ってきてしましました。
帰宅した主人もびっくりです。
実は猫は苦手だというのは、昨日まで知りませんでした(笑)
嫌いじゃないけど、積極的に飼おうとはわたしも思えません。
責任を持って、育ててあげられる自身も余裕もない。
「ま、一生に一度くらいこんなことがあっても・・・」
大きなことを口にしながら、心ではちょっと不安に思いつつ、一晩を過ごしました。

ねこ (1)

  赤ちゃんのころから、どういうわけか
  動物好きのikuは大喜びですけれど。

  気があらい、アメリカンショート似の男の子。
  
  朝起きて、わたしが1階に降りると・・・
  ダンボールから逃亡して部屋の中にいました
  追い詰められて、背中を向けてくれたので、
  何とか首の後ろを掴むことができました。
  ほっ。




そして、ついさきほど。
連絡を受けた人が早々に子猫を見に来てくれて、仕事帰りに連れていってくれる感じです。
よかった。可愛がってくれる人が見つかって。


  

  




 くらし

6 Comments

ミセスバタフライ  

ダンナさま猫嫌いだったのねー。

私は超がつくくらい猫は大好き。実家でも長いこと飼っていました。

ウチでも前に子猫が迷ってきて、家の中にいれてあげたかったけど、一度入れると最後なので心をオニにしたよ。
でも、夜遅くまで鳴いていたので切ないこと切ないこと(ノ_・。)

ネコちゃん、可愛がってもらえるといいですね。

2008/09/12 (Fri) 14:39 | REPLY |   

人里  

私も、子猫にバンパーに入られたことがあるよ!!!
職場の駐車場で『ん?仔猫の声がするけど…いないなぁ』
→寄ったコンビニでも『また猫の声?でも見えないよ??』
→自宅『もしや車の中ですか!!!』
となりまして、今の同居人を呼び出したことがあります。
焦りましたよその時は。

2008/09/12 (Fri) 19:39 | REPLY |   

akiko  

猫を飼うことになった話かと思ってドキドキしました~!
我家は昔、捨て猫だった猫を飼っていたのです。
猫、かわいいですよ~。でも旦那様が苦手じゃ、だめですね。
貰い手がすぐ見つかって良かったですね。珍しいことですよ!

我家も猫を飼い始めた時は、母が猫嫌いで、食事の時は
犬のようにひもでつないでいました。
猫はするするっと机に登ってしまいますから^^。
でもいつの間にやら、膝に乗せて喜ぶ始末・・。
やっぱり飼ってしまうとかわいいんでしょうね。

ちなみに今飼っているチワワのような小型犬も、家族はみんな
始めは特に好きではなく、でも会ったら一目で恋に落ちました^^。
(叔母の家で生まれた子をもらったのです。)

↓のカフェの話・・立場は違うけれど、とても共感しました。
気分を変えられる場所が、必要ですよね。
すてきな場所が見つかってよかったですね。

2008/09/12 (Fri) 23:08 | REPLY |   

enu:k  

>ミセスバタフライちゃん

主人、「嫌いではないけど、あんまり好きではない。」
程度なんだけどね。
でも、見ようともしなかったわ(笑)

うちもこどもの頃に家の裏に捨てられていたことあったなぁ。
母がやっぱりNGで。
責任もって飼ってあげられる余裕が無いって。
でも、あの声聞いちゃうとね・・・
かわいそうだし、かわいいし☆
もしわたしが一人身で、いつも家にいるなら飼ってたかもしれない!


2008/09/14 (Sun) 07:02 | REPLY |   

enu:k  

>人里

ええええ!!!???
あなたもそんなことがあったの!
実は今回のこの子猫、隣のおばさんの家の車に入る前に、
数軒先のいえの車のバンパーにも進入していていて。
そこの方は自動車工場で仕事をしている人だから車に詳しく、
下からネジを外したりして、外に出したんだって。

実は、昼間に幼稚園のお迎え→リトミックで数時間家をかけていたら、
またダンボールから抜け出ていたの!
今度は出られないようにフタしておいたつもりなのに・・・
で、耳を澄ませて家の中のどこにいるか探したら、
ikuの本棚(ワイヤーラック)の裏のせま~い所に、
ほこりまみれでうずくまってましたよ(笑)

2008/09/14 (Sun) 07:14 | REPLY |   

enu:k  

>akikoさん

猫も犬も、赤ちゃんはとってもかわいくて☆
怖い目にあったのか、人を怖がるので、じゃれたりするなんてできなったですけれど、
一晩預かっただけでも、ほんの少し愛着がわいてしまいますね。
夕方引き取られて行った後、何だか心の中に風が吹いているような寂しさがこみ上げてきました・・・(涙)
自分が一人身だったら、きっと飼ってましたね。
首をつかまれて、抱っこされたときの無抵抗な無防備な姿!
(動けなくてかわいそうなんですが・・・笑)
時間が経つうちにこちらも慣れてきたせいか、
歯をむき出しにしつつも、触られるのは嫌じゃなさそうに見えてきて。
可愛かったです。
猫好きなおばさんに連れて行かれてので、ほんとによかったです。

↓のリセットのこと。
バランスを取るのって難しいけれど、上手にやれば楽しく生きられるかな?なんて思います。
楽天主義な性格ですの。

2008/09/14 (Sun) 07:26 | REPLY |   

Leave a comment