EARLY BIRD

こどものこと日々のできごとを 、ゆっくりのんびりと・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

模様替え

夏休みに大々的な模様替えをしました。
結婚してこの家に住みはじめて7年。
収納棚などは増えてきましたが、大きな家具を新たに入れるのはこれが初めて。

チェスト移動前


  まずはこのチェストを2階に移動します。
  文房具・書類・CDが入っていましたが、
  ikuの洋服タンスにします。

  中身の振り分けにちょっと頭を悩ましましたが、
  古いけれど各部屋に押入れがある、
  優秀な間取りなので、とにかく押入れの整理!
  要らないものを処分・整理して、
  機能的に使えるように工夫をしました。





和たんす 和たんす (1)
そして新たに和だんすが仲間入り。
実家から譲ってもらいました。
もともとは嫁入り家具として、中目黒の「温故知新」で見つけたのですが、
どういう経緯かは忘れましたけれど、実家の店で使われていたものです。
CDも主人の資料VHSも、オーディオ関係すべてきれいに収まり、思わずにんまり。

テレビだけが無理やりだし納得いかないのですが、
数年後には主人の実家に越すことになるのではないかと思うので、
すっきりスマートな地デジ対応のフラットTVは我慢しています。


でも「新しく入る大きな家具」は、これだけではないのです。                ピアノ (1)
                        じゃじゃ~ん!!
                  実家からピアノを譲ってもらいました。
         帰省したときに弾くのを楽しみにしていた妹には申し訳ないのですが、
         来年からリトミックでピアノも平行して始めてくれそうだとのことですし、
                  「弾きたくなったら、うちに来て
               
              運んだその日に調律のおじさんも来てくれました。
        このピアノを買って21年経ちますが、わたしたち姉妹の小さい時のことも     
          覚えてくれていて、ikuが使うこともとっても喜んでくれていました。
            ピアノの寿命は50年ほどとのことで、あと30年は使えます。
           「この子のこどもに『ひいおばあちゃんが買ってくれたんだよ。』
                     って話してあげられるね。」
                    そんな風に話してくださいました。

ピアノ

  「ふたは開けっ放しにして、いつでも弾けるように
   しておくと、上手になるよ。」
  「どんなに簡単でもいいから、譜面なしで弾ける、
   ‘持ち曲’があると、何かのときに便利。」
  
  色々アドバイスをいただきました。
  ‘持ち曲’の話は、以前妹も聞いていて、
  彼女も感銘を受けたそうです。
  今となってはそんなこともないでしょうが、
  例えば「留学などのホームステイ先で・・・」
  とか、「ちょっとしたパーティーの席で・・・」
  なんてことがあったら、コミュニケーションの手段になると。


「ふたは開けっ放しがいい」とはいえ、近所はおじいちゃんおばあちゃんが多い田舎ですので、
①朝ごはんを食べて、身支度が終わったらふたを開けて、
②なるべく窓は閉めて、
③暗くなったら弾かない。
④弾く前には必ず手を洗うこと。
を約束しました。

わたしも夕方になると、ちょっと弾きたくなることがあります。
(ソナチネの途中で挫折したので、上手ではないです。もう1度習い直したいと思うこの頃。)
実家の家族に感謝。
ありがとう。

 くらし

- 2 Comments

人里  

来ましたか…(^^)
身近にあれば、ちょっと触る時間が持てて、リネンも弾き始められるね!
私も今の住まいに置きたいなーとは思うものの、実家のピアノは帰省してくる妹が一番弾いてるし、
自分が弾くかどうかも疑問なので、今のところお願いできません(笑)

2008/09/07 (Sun) 10:26 | REPLY |   

enu:k  

>人里

来ました♪
しかし・・・大きいし黒いし、6畳にピアノと和ダンスはかなり圧迫感あり。

うちも妹がいちばん弾いていたので、
「ごめんね・・・(涙)ikuに免じて許して!」って感じでした。
でもこれで、合唱の予習復習(音とり)がまともにできるわ~♪

2008/09/09 (Tue) 09:59 | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。