EARLY BIRD

こどものこと日々のできごとを 、ゆっくりのんびりと・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

最近聴いている音楽~enu:k編

うちのおじょうさん、家族から‘しゃべろく’と呼ばれるほどのおしゃべりさん。
その人が幼稚園に通い始めてからというもの、当たり前のことなんですが、
やけに家がシ~ンとしていて・・・何だか寂しいこの頃。
そんなわけで、最近は音楽を聴きながら掃除・裁縫・写真の整理・ブログの更新などをしています。
車を運転する時は眠くならないように(笑)ガンガンにロックをかけていますが、
家で何かをしながら聴くのは、もう少しゆったりと軽めのジャンルがいいですね。
そういえば、前回音楽の記事を書いたときもSimply Redのアルバムを取り上げましたけれど・・・


ライフライフ
(2006/01/25)
シンプリー・レッド

商品詳細を見る

以前に紹介したa-ha同様、Simply Redも母が聴いていて好きになったグループ。
95年リリースのこのアルバムがわたしの中では一番好きかも。
軽いグルーブ感が心地よく、お天気の良い日に聴くと爽快な気持ちになります。
アルバムジャケットも、ものすごくオシャレですてき。

ホーム (HOME)ホーム (HOME)
(2003/03/21)
シンプリー・レッド

商品詳細を見る

自分のレーベルを立ち上げて作ったという、渾身のアルバム「HOME」もお気に入り。
原点回帰?ソウルフルなナンバーが多く、ホール&オーツのカヴァーも。
この人、アルバムに必ず(と言っていいほど)誰かのカヴァー曲とレゲエの曲入れるので、
新作が出るときの楽しみのひとつでもあります。
そういえば、去年また新しいアルバムを出しているらしい。
今度買わなきゃ!


Amplified HeartAmplified Heart
(1994/07/19)
Everything But the Girl

商品詳細を見る

春に聴きたくなることの多いのがこのアルバム。
短大卒業後アルバイトから入社したアパレルの店舗で、よく先輩社員がよくかけていて。
そのころを思い出しつつ、ちょっとセンチメンタルになります。
少しハスキーでアンニュイなボーカルで歌われる失恋の曲が切ない・・・くすん。
アコースティック色の強いサウンドなのも、しっとりとしていて好きです。
大ヒットした「Missing」も収録されています。
高校生のころに有線でよく流れているのを聴きました(oasisの「wonderwall」もちょうどこの頃だったような)。



アイ・エイント・ムーヴィンアイ・エイント・ムーヴィン
(1994/06/22)
デズリー

商品詳細を見る

上のEBTGと同じく、職場でよく聴いていたアルバム。
デズリーというと、この次のアルバム(CMや映画のサントラで使われた曲が入っていて)の方が
有名かもしれないけれど、わたしはこっちが好き。
これもグルーヴィーで清々しい気持ちになれるアルバム。


こうしてみると、95年ごろの音楽も結構好きなんだな~
10年以上前の作品なのに、時代を感じさせない。
良いものはいつの時代でも良い、ということですね。

 おんがく

- 4 Comments

やまもっちゃん  

こんばんわ☆
好きな音楽を聴いて過ごす時間って
良いですよね。
私は、最近はずっと、アロハなハワイアンを
聞いています。もっぱら車で聞くことが多いですが。
この間、マハロさんで「涙そうそう」のハワイアンがかかっていて、私も持っているCDだったので嬉しかったです.。o○☆*゜¨゜゜・*:..。o○☆*゜¨゜゜・*:..。o○☆*゜¨゜・*:. 

2008/05/01 (Thu) 22:56 | REPLY |   

enu:k  

>やまもっちゃんさん

ハワイアンもゆったりしていて心地よい音楽ですね♪
1度だけ社員旅行でハワイに行った時、
同室の先輩と「郷に入りては郷に従え」とか言って、
ホテルの部屋では地元のラジオから流れるハワイアンを聴いたのを思い出しました。

そうそう、店にANTIPASTのストールが入っているんですが、
その中のひとつに‘フラガール・プリント’があって、
見るたびにやまもっちゃんさんのことが頭に浮かびます(笑)

2008/05/02 (Fri) 05:43 | REPLY |   

roko  

Everything But the Girl・・・デズリー・・・なんか懐かしいです^^;
私は、FLOYDなどのプログレ系やジミヘンや基本的には野郎好きの骨太ROCK派ですが90年代のUKは良かったですねぇ~♪
sinple mindとかtears for tears/pet shop boysやpeter gabrielとやっぱり当時、皆spander balletなんかのファルセット系男性ボーカルが人気でしたね。
ちなみに私は・・・やっぱギタリスト系(特にホワイトブルース)が好きなのでロリー・ギャラガー(故人)やゲイリー・ムーアにお熱でした(笑・音楽話は語るとキリが無いなぁ)sadeなんかも流行ってましたね♪90年代後半にロンドンに行った時代の音楽は特に思い出がありますね(stingとか・・・)
素敵なお母様・・・羨ましい(。-_-。)。。o ikuちゃん・・・本当に楽しみ(私とも趣味被ってたりして?^^;)

2008/05/05 (Mon) 23:02 | EDIT | REPLY |   

enu:k  

>rokoさん

わたしはどちらかというとポップよりだったかな・・・
suade、流行ってましたよね~懐かしい。
友だちが好きでした。
わたしは1枚持っていたけど、当時はそんなに嵌らなかったです。
もしかしたら、今聴いたほうがすんなり入ってくるかも。

母はもっとミーハーで、TAKE THATとかも聴いてましたけど。
妹に連れられて、毎年夏フェス参戦の母です(笑)

stingの「ten sumners tails」が、はじめて買ったCDなのです。
(それまでは‘カセットテープ’!時代を感じます・・・)
tears for fearsも大好きですよ~♪
ちょっとカルトっぽいというか、混沌とした感じ?
ドリュー・バリモアが製作した「ドニー・ダーコ」という映画で、
tears~の曲をテーマのようにたくさん使ってました。

2008/05/07 (Wed) 10:31 | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。